Historyジャワティの歴史

ジャワティの歴史をご紹介します。

1982

お酒を飲まない人も楽しめるテーブルドリンクとしてシンビーノ アップル発売。
好評を得るも甘味のある飲料だったため、和食などにも合う無糖のテーブルドリンクの需要を感じ取る。

スペイン語で"ない(without)"を意味するsin、
"ワイン(アルコール)"を意味するvinoを
組み合わせた造語です。
料理の味を引き立て、食卓を華やかに彩る
ノンアルコールのテーブルドリンクという
ブランドコンセプトを表しています。

アメリカの食事会でアイスティが饗されていたことから着想を得、食事にあう無糖紅茶飲料の開発へ。

1989

どんな食事にも合う無糖のテーブルドリンクをコンセプトに、シンビーノジャワティストレート発売。

当時、冷たい無糖紅茶飲料は類を見ず、ジャワティはさきがけとなる。

1998

ペットボトル入りのジャワティ登場。
お弁当やバーベキューなど、飲用シーンがひろがる。

2003

リニューアル。シャープな印象のデザインに。

2009

リニューアル。デザイン、ロゴも一新。     

食の多様化の時代にシンビーノジャワティはジャワ島産茶葉100%のこだわりはそのままに、新たな無糖茶への挑戦をしていく。

2011

瓶入りタイプでレッド(紅茶)とホワイト(白茶)を発売。
ふたつの味わいで、ワインのようなマリアージュをご提案。

2012

シンビーノジャワティストレート500mlペットボトルタイプにホワイト登場。

「選べる」ジャワティで食事を楽しむご提案。

2019

 30周年。
令和の時代も
ひきつづき、よろしくお願いします。